読みたくなる履歴書を作成しよう!

履歴書作成のポイントとは?

 40歳以上で転職活動を行うのであれば、企業の採用担当者が履歴書で何をチェックするかを理解したうえで、ポイントを押さえて、書類作成することが重要です。そこで、履歴書作成のポイントとなる、採用担当者がチェックする内容を、ここでまとめておきたいと思います。

 まず、企業の採用担当者が見るのは、職歴です。ここでは、過去の転職回数を見ます。40歳までであれば、3回以内の転職はさほど突っ込んだ質問はされませんが、それ以上になると理由を問われます。退職の理由が「一身上の都合」だけだと説明になりませんので、「倒産」「賃金遅滞」「家族の介護」など、理由が前向きな内容を記載するようにしましょう。

 そして、必ず目を通すのが「志望動機」です。ここで何を書くかが、書類選考を通過するか否かにつながります。「志望動機」には、これまでのキャリアを活かして、応募企業に対しどんな貢献ができると考えているかを書きます。

 その際、きちんと企業研究を行い、応募企業が求めるニーズにマッチしていることが前提です。同様の理由で、自分の「長所・短所」も、応募企業が求める人物像にマッチしていると、ポイントがあがります。中高年になると、「長所・短所」をおざなりに記入するひとも多いので、しっかり書くようにしましょう。

採用担当者が読みたくなる履歴書の特徴とは?

 まず、ビジネスマナーに則った書式で、丁寧に書かれていることが大原則です。そのうえで、採用担当者が読みたくなるポイントとしては、職歴に書かれた勤務先や所属先、仕事内容に関する事柄が、記載されているかどうかです。その職歴に興味を持ってもらえれば、次のステップである職務経歴書を読んでもらうことができます。

 また、一番熱心に読む項目は「志望動機」です。どうして応募企業でなくてはならなかったのか、入社後はこれまでの経験を活かしてどんな貢献ができると考えているかを、先方のニーズも加味したうえでまとめるのです。

 ここで大事なのは、企業研究をしっかり行い、企業が中高年の中途採用者に求めるものは何かをきちんと把握してから、志望動機を考えることです。自分が応募企業にとって役立つことをアピールするという意識を、常に持って、履歴書作成に臨んでください。