転職のメリットとデメリット

転職のメリットとデメリットとは?

 転職したい、そう思ったからには、それなりの理由が存在しているはず。つまり、転職にメリットを見出したということでしょう。あるいは、転職に希望を持っているからこそ今の職を辞める決意をしたのかもしれません。転職をすることで得られるメリットをピックアップしてみましょう。現職に対して不満を持っている人は少なくないはずです。その不満を職種や職場を変えることで消し去ることができる可能性がある、これは大きなメリットですよね。

 具体的には、やりたくない仕事をする毎日からの脱却、逆に本当にやりたい仕事に没頭できる環境を手に入れられるかもしれません。同じ仕事であったとしても、さらにそれを追求したくて転職を志す人もいるでしょう。いわゆるキャリアアップのための転職です。対象が40歳以上の求人には、こうしたことができるとアピールしている企業も実際に多くあります。

 また、やりがいと同時に給与のアップを視野に入れて転職を考える人もいるはずです。職場を変えただけで給与が上がれば、それはもちろん大きなメリットとなります。上手くいけば、これらの全てを実現できる可能性を、転職は十分に秘めているのです。

 転職のメリットを幾つか挙げてみましたが、当然ながら転職にはリスクも伴います。転職活動を具体的に進める前に、このリスクも必ず頭に入れておくようにしてください。メリットだけを見て動き出すような冒険的行為は、40歳以上には特に危険。40歳以上の求人の全てにメリットがあるわけではないのです。

 転職のデメリットとして考えられるのは、メリットとは逆のこと。例えば現状よりも環境が悪化する可能性がある点です。上司との人間関係が嫌で職場を変えたいと思ったが、新しい職場では年下の上司にこき使われ、前職の方がまだマシだった、このようなことは起こり得ます。

 キャリアアップや能力アップのための転職だったが、仕事を任せてもらえず責任も小さくやりがいを感じない。給与が前職よりも下がってしまい、一向に上がる様子もない。こういった可能性があるのも転職のデメリットでしょう。

 転職活動には、精神的に大変、時間が確保できない、対象が40歳以上の求人を多く見つけられない、活動を始めたもののなかなか転職できず無職になってしまった、などのデメリットやリスクが伴うかもしれません。それらを乗り越えることができるかどうか、今一度、自分自身に問いただしてから転職活動に突入することをおすすめします。