転職先の人間関係が見えないので不安です。

転職先の人間関係が見えないので不安です。

新たな新天地で働くに伴って気になる内容として良くお聞きするのが人間関係についてです。
人間関係が原因で前職を辞めて、次の転職先の人間関係は大丈夫なんだろうかと不安になる気持ち、よく分かります。

人間関係は、人対人のコミュニケーションが必要である会社であればどうしても発生してしまうものだと私は考えております。
もちろん、人間関係といっても幅は広く、良好な関係から拗れた関係等、すべてのことを指します。
皆が皆良い人であって、自分にとってプラスになる人間でしたら何も言うことはないでしょうし、不安もないと思います。
ただ、少なからず1人はどうしても考えが合わなかったり、自分が思い描いていた上司とは異なることがいる可能性があります。

そのケースだと割り切ることが1つの対策方法とも言えます。
そういった人がいるからこそ成り立つ場合もありますし、逆にその人のおかげで自分が引き立つ場合だってあります。
何事も深く考えず、むしろ利用してしまうくらいの意気込みで臨むことが大切です。

また、そういった良好でない関係を作る前に、良好な関係を築く考えを持ってみると良いと思います。
入社当初は緊張するし、知らない人ばかりでナーバスな気持ちになるかと思われます。

もちろん上司の方々はそれを察して、話しかけてくれたり、教えてくれたりするのが上司であるべき姿です。ただ例外だってあり得るんです。
そんな例外の方がいても、自分らしさを忘れず積極的に質問してみたり、雑用で良いから出来ることはないかとサポートしてみたり、
自分に出来る行動を起こすことで社会にふさわしい人間にも近付きますし、会社からも必要とされる人間になれます
そのことから上司からも気に入られ、良好な人間関係を築きあげることが出来ます。

気を使ってなんぼが仕事の世界だと思うので、はじめは気疲れしない程度にとことん気を使って、
明るく挨拶や基本的なことを振舞い、うまく立ち回る方法を編み出せたら勝ちです。
きっと最善の方法が働いているうちに見つかると思いますよ。