40代、50代になってからの転職はどんな仕事がありますか?

40代、50代になってからの転職はどんな仕事がありますか?

日本では正社員の解雇に関する規制が厳しく安定だと言われていますが、それでもニュース等を見ていると経営悪化が原因でリストラに走る大手企業の特集をしていたりしますよね。その為今現在最も新卒で人気があるのが公務員という結果が日本の現実を物語っています。

昔と違い今では大手企業に入ったからと一生涯安泰なんていう時代では無くなってしまったのです。ですので公務員を選ばないで一般企業に入社する人は少なからずいずれリストラがあるかもという悲しい現実を少しは考えておかなければいざという時に対応する事が非常に難しくなります。そして最も企業からリストラ候補となりやすい年代は40代、50代という比較的年収が高くなっている年代にメスが入ります。それに加えて転職として最も就職しにくい年代も40代、50代という事になっています。

これはもう今まで働いてきて自分の考えやプライドを捨てる事ができないという事もあり、企業的には周りと上手く溶け込んで仕事をするのが厳しいのではというリスクが大きく関係します。確かに人間であれば誰であれずっと社会で40代、50代まで働いてきて転職して20代、30代の人から顎で使われる事に抵抗が無いという人はいないはずです。

ですが社会ではどんなに過去に実績があろうとも取締役等へのヘッドハンティング以外では先に入社した人が先輩となり上司となってしまいます。その状況に耐えられえる、職場の空気を乱さないという能力がまず最も求められるのが社会です。ですのでそういったプライドをしっかりと捨てる事ができる覚悟を持っておかないと一般的な会社に転職する事は非常に難しくなります。

そんな中で中高年の方々から根強い人気があるのが、警備員と運転手です。

これらは一般企業とは違い現場での仕事となります。そしてサービス業の販売職や飲食店等とは違って俊敏性を高く求められる業務内容では無い為中高年の方からでも未経験で多くの人が採用されています。

その中でもし自分のプライドや過去の実績を捨て切れる事ができないのであれば、タクシー運転手がお勧めです。何故かといいますと、タクシー運転手の平均年齢は50代以上とどこのタクシー会社でも中高年がメインです。二種免許を持っていなくても今では何年か務めるという条件で会社が取らせてくれる所もあります。

それ以上にこの仕事のメリットはプライドをそこまで捨てなくても良いという所にあります。

一応はサービス業ですので、お客様に頭を下げたりしなくてはいけない所はありますが、それでも仕事中は常に1人ですので、一般企業に転職して年下の20代、30代から顎で使われるという事はありません。またタクシー運転手はお客様の荷物をトランクから出し入れする以外では体力を殆ど使いませんし、座ってできる仕事ですので、中高年でも十分にできる仕事なのです。

この仕事以上に若手と対等に転職面接を受けられる仕事は無いのではという位中高年の方々にも門を大きく開いています。勿論警備員やタクシー運転手以外でも中高年を採用している会社は沢山あります。ですが、本来の自分をしっかりと捨てないで働きたいという希望があるのであればこの職業はお勧めだといえます。