40歳以上に企業が期待することと転職サイトの利用法

3.企業が40歳以上に期待する能力とは

 では、企業側は40歳以上にどんな能力を持っていることを期待しているのでしょうか。即戦力となる専門スキルがあることを前提に、柔軟な発想を持ち、業界動向がめまぐるしく変わる中でも対応できるスピード感を持っていることが期待されます。そのため、専門分野での営業力や築いてきた人的ネットワーク、後輩や部下への指導力など、個人ではなく組織的な業績アップにつながるノウハウを持っていることも必要です。

 また、40歳以上の求人で、管理職としてデスクワークが中心になるものは、ほとんどありません。プレイングマネジャーとして、自分でも成果を出しながら、組織を引っ張っていくリーダーシップを発揮してくれる人材を求めているのです。

 企業にとって、40歳以上の中途採用者は、ビジネスマンとして完成していることが前提ですが、自分のスタイルに固執するのはマイナスに作用します。過去に築いた実績や地位、成功体験は、新しい職場では意味をなしません。そうした仕事を通して得たノウハウを、転職先でどう活かしていくかが最も大事なことです。新しい職場で、協調性を持って仕事をしようとする姿勢があるか否かも、企業はしっかりチェックしているのです。
 
4.転職サイトは複数登録が基本

 希望条件に合った求人を探すことが目的の転職サイトでは、自分の経歴を登録しておくことで、企業からのスカウトを待てるサービスを提供しています。40歳以上が応募できる求人の数は、30代までとは違いますし、条件が良い募集には応募が殺到して、内定しにくいという現状もあります。少しでも内定する確率を上げたいと考えるなら、1社でも多くスカウトのオファーがもらえるように、複数の転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

 また、自分の経歴を転職サイトに登録するときは、1社で作成したレジュメをコピペするのではなく、各サイトごとに用意されたレジュメ作成ツールにそって入力をするようにしましょう。履歴書や職務経歴書の書き方にはいろいろな方法があり、特色が異なる転職サイトにより、書き方が異なることが多いのです。複数のレジュメ作成ツールを活用することで、自分のアピールポイントをいかに使えるかのノウハウを手に入れることができます。

 それぞれの良い部分をチョイスして、書類選考を通過しやすいレジュメを作成することも、内定率アップにつながります。少しでも条件のよい転職を果たしたいなら、手間を惜しまず、転職サイトをフル活用しましょう。

求人票の読み方にも注意が必要

 40歳以上で納得にいく転職を果たしたいなら、求人票をしっかり読んでおくのが基本です。実際、中高年が応募前に求人票を斜め読みしかしなかったことで、面接まで進んだのに条件が合わずに辞退するというケースが少なくありません。給料や待遇、職務内容だけでなく、いつから出社しなければならないのか、勤務地はどこか、長期出張などが条件になっていないかなど、細部まで確認しておくようにしましょう。

 また、求人票は限られた文字数で、法的に知らせなければならない情報を網羅しなければならないという事情があります。求人票で使われる略語や用語を知っておくと、待遇や勤務条件をより正確に把握することができます。

 例えば「完全週休2日制」は毎週2日間の休みがあるという意味ですが、「週休2日制」は週2日以上の休みが月に1回以上あることを指しています。同様に、通勤交通費が全額支給される「交通費全額支給」と、通勤交通費に上限を設けている、あるいは全員一律額を支給している「交通費支給」では、大きな違いがあります。求人票をきちんと理解できれば、企業とのミスマッチを避け、条件に合わない求人を選別できますので、しっかり理解しておくようにしましょう。