40歳以上の求職者に求められることとは?

40歳以上の求職者に求められることとは?

 この年代の求人は、ピンポイントで特定の職種について募集されることが多くなります。つまり、40歳以上の転職においては、特定の職種のスペシャリストでないと採用されないということになります。この年代を採用する企業としては、高い給与を支払うことになりますから、その分求職者には、対価に見合うだけの、あるいはそれ以上の成果と実績を期待しているということです。具体的には、企業が40歳以上の求職者に期待することは、即戦力としての豊富な経験と新しい職場でもリーダーとしてやっていけるマネージメント能力となります。

 これは、同年代の既存社員にはない能力や経験がある人を求めているということになります。そのため、短期間で即戦力となり、利益を生みだせる人材である必要がありますから、求められる職種においては、自分はプロフェッショナルとして採用されるという意識が必要となります。さらに、転職先に対するロイヤリティと、既存社員や関係部署とうまくやっていける調整力を備えながらリーダーシップが発揮できる人であることも求められます。

応募企業へのアプローチ方法とは?

 40歳以上になれば、社会人経験も長くなり、豊富なキャリアがあるはずです。そこで、この年代に求められるのは、資格や経験がマッチしているのは当然ですから、即戦力として能力が発揮できるということをアピールしなければなりません。

 また、既存社員とうまくやれるかどうか、管理職として人をまとめられるかどうか、企業カラーに見合い、ロイヤリティを持って働いてくれるかどうかといった人間力も問われることになります。そこで、応募企業にアプローチする場合には、最初に企業に送る履歴書や職務経歴書を工夫して作成する必要があります。具体的には、自分のセールスポイントを中心に記載していき、応募先には必要のない経験や能力は省くようにします。

 また、情報を詰め込み過ぎず、タブや誤字脱字などレイアウトを工夫するようにして、情報処理能力が高い人間であることをアピールします。ただし、ここでの表現方法は、企業の立場に立った目線で、オーバーになりすぎないように、またできる限り企業が好ましいと感じるような表現を使用するようにします。基本的には企業目線で考えるようにすれば、効果的なアプローチができるはずです。